ペット火葬訪問日記

ペット火葬:茨城県北茨城市のヨークシャーテリア・しょこらちゃん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この日の午後からのご火葬では、お隣、茨城県の北茨城市よりご依頼いただきお伺いさせていただきました。

お見送りさせていただきました子は、ヨークシャーテリアのしょこらちゃん、お病気がありながらも15歳と長生きをして頑張った男の子でした。

茨城県北茨城市でヨークシャーテリアのペット火葬されたT様

旅立ちのお見送りにはご家族様皆様でお立会いくださいました。

しょこらちゃんの眠るような穏やかなお顔の周りに、お花や好きだったフード、想いを綴ったお手紙、メッセージカード、ご家族様が笑顔で写った家族写真をそっと添えられたご家族様。

皆様で優しくお声掛けしながらお頭、お身体を撫でられて、涙でお別れをなさいました。

ご家族様お一人お一人にとって、心の支えとなる大切な存在だったことでしょう。

15年にわたって共に暮らした毎日で、しょこらちゃんとの間に生まれた家族の絆、たくさんの思い出、もらった笑顔は計り知れません。

たくさんの愛情に包まれながら、しょこらちゃんは春の穏やかな空へと天高く旅立って行きました。

 

ご火葬後、皆様で思い出を偲びながらご拾骨されました。

ご家族様が選んでくださった、しょこらちゃんのお姿とお名前を想わせる、ブラウンの水玉骨壷にお納めし、ご返骨させていただきました。

大好きなご家族様の元へ帰っていったしょこらちゃんは、これからも虹の橋からご家族様の毎日を見守り続けてくれていることでしょう。

ペット火葬の後の遺骨はどのくらい手元に置いてよいのですか?

ご遺骨をどのくらいの期間ご自宅に安置されるかについての決まりはなく、ご家族様のお考えによって様々です。

仏教に習い、ペットもお亡くなりになってから四十九日を目安に、埋葬や散骨、納骨をされる場合や、百か日忌(100日)、一周忌(1年)の日に行う場合、家族が集まれる日などに合わせて納骨される方もいらっしゃいます。

また、ご自宅でご遺骨を保管して手元供養をされ、ペットと一緒のお墓に入るという方も増えてきています。

大切なペットちゃんのご遺骨をどうされるかについては、ご家族様で良く相談して決めてください。

下記の記事も参考までにご覧ください。

ペット火葬後の遺骨はどうする?本気で考えてみる

訪問火葬の際にどんな服装で立ち合えば良いのですか?

ペットちゃんを見送られる際の服装は「普段着・喪服」のどちらの服装で立ち会われても良いかと思います。

これでなくてはならないという決まりはございませんので服装にとらわれず、いつもペットちゃんが見ていた見慣れた普段着でも結構です。

お亡くなりになったペットちゃんにとっては、ご家族様の服装よりも、そばにいて見送って貰えることこそが大切なことではないでしょうか。

弊社で対応させていただいております「訪問移動火葬」については、「普段着・喪服」のどちらでもで大丈夫でございます。

かしこまることなく、生前過ごされたペットちゃんが安心できる環境、雰囲気の中でご家族様とペットちゃんとの最後の時間を作り、旅立ちのお見送りのお手伝いをさせていただきたいと思っております。

ペット葬儀・火葬に立ち会う際の服装はどうしてる?では訪問移動火葬の際の服装の疑問や、知人のペットちゃんのご葬儀にお立合いになられる際の服装の疑問について詳しく書いてございますので、よろしければご覧ください。

 

 

 

 

ペット火葬・葬儀のご案内

お電話口にて、丁寧にご説明いたしますので、いつでも安心してご連絡ください。

そよふく ペット火葬・セレモニー受付

 電話の受話器のアイコン素材 その2070-2028-0429

 

お電話がつながらない場合は、お手数ですが下記本店の電話番号にお問い合わせください。

※セレモニー中はスタッフが電話に出られない場合がございます。

ふくふくやま本店

電話の受話器のアイコン素材 その2022-778-9055

ご用件をお伺いして折り返し担当スタッフよりご連絡差し上げます。

ご葬儀はペットちゃんにしてあげられる最期のひとときです。感謝の気持ちを込めて優しいお見送りを…


メールフォームからのお申込み

コメントを残す

*