ペットの遺骨と保管方法

ペット火葬後の遺骨はどうする?を本気で考えてみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ペット火葬後の遺骨どうする

ペットちゃんの死は、共に暮らしてきたご家族様にとってはとても辛く悲しく、しばらくの間は落ち込んでしまうこともあるでしょう。少し時間が経ち、お気持ちが落ち着いた頃、“家族同様に思っていたペットをきちんと供養してあげたい。でも、火葬後の遺骨をどうすればいいのだろう”とお悩みになることもあるかと思います。

ペットちゃんのご遺骨の扱い方や供養の仕方に決まりはございませんが、大切なペットちゃんのご遺骨のご供養についてきちんと考えていくためにもペットのご火葬後のご遺骨の供養の方法についてご家族様一人一人の立場に立って“本気”になって考えてみました。

ペット霊園に骨を納めるという選択

ペット霊園には、ペットの火葬場とお墓、納骨堂が一体となった施設もあり、葬儀、火葬、納骨まで一貫して行える場合が多いです。

ペット霊園のお墓には個別、集合、合同といった様々なタイプのお墓があります。施設にもよりますが、年会費や管理費用を支払い、自由にお墓参りに訪れることができ、定期的に法要が行われているなど僧侶の供養も可能な場合が多いようです。

ペット霊園についてはお寺と同じようにご家族様が「お墓を建てる」ほか、スペースをレンタルしてそこに遺骨を納める「納骨堂」やほかの遺骨と一緒に遺骨を納める「合同供養塔」、「合同慰霊碑」などがあります。

ペット霊園では定期的に法要をされている場合が多く、ペットちゃんの法要を定期的にして供養してもらえる安心感があります。

手元にずっとお骨を置かれるのに抵抗のある方や、物理的にご遺骨を別の場所へ納めた方が気持ちの整理がつきやすい方にとっては良いかと思います。

合同供養塔(永代供養)

他のペットちゃん達のご遺骨と一緒に共同の墓地に納められ、ペット霊園にご遺骨の管理や供養をお任せします。

主に供養塔が建てられ、その周囲にペットちゃんのご遺骨が埋葬されます。ペットちゃんのネームプレートを設置できる霊園もあるようですが、共同墓地のため、ご遺骨の個別管理はできません。

一緒に納められているペットちゃんのご家族様もお参りに来るので、たくさんのお花やお供えも絶えずペットちゃんが寂しくないという安心感もあります。

決まった時期に合同法要が行われる霊園もあるようです。個別で埋葬するよりも費用が安く抑えられ、自分がお墓を管理出来なくなっても安心して供養が任せられます。

合同供養塔による費用は基本的に維持、年会費はかからないようですが、霊園によって幅がありますが、一般的に5千円~2万円前後のところが多いようです。

動物納骨堂

霊園で管理されているスペースをレンタルし、棚やロッカーのように仕切られた骨壷ごとご遺骨を安置し個別でご供養する場所です。

お墓が「一戸建て」とすれば、納骨堂は「マンション」といった考えです。

お墓を建てるスペースがなかったりと立地条件が悪い場合や、掃除等のお墓の管理に不安のある方が多く利用されているようです。

屋外にお墓を建てるよりも費用も抑えられるようですが、納骨堂にご遺骨をお納めしている期間は維持費や年会費を支払い続けるようになります。

一定の期間を設けている所もあるようで、四十九日や一周忌が過ぎると共同供養塔へ移される場合もあるようです

。ご遺骨を安置される場所の形態にもよりますが、一般的には年間数千円~数万円程のようです。

ペット墓地

人の霊園内のお墓と同様に、ペット霊園内の一画に墓石を購入し建て、個別にご遺骨を納骨しご供養します。

大きさ等は人に順じた大きさのものからそれより小さめのものが多く、全体的にコンパクトな印象のようです。

個人のお墓となるので、お納めされているペットちゃんを周りを気にせず心行くまでご供養できるかと思います。

ペットちゃんを多頭飼いされていている方などでゆくゆくを考えてお墓を建てられる方もいるようです。

費用は小さいお墓でも15万~30万位はかかり、その他年会費や管理費の支払がある場合がほとんどです。

突然の閉鎖「遺骨の山、あまりにも可哀想」ペット霊園の課題も…

ペット霊園は小規模な個人経営の場合やほとんどが民間の経営によるものです。

霊園や墓地の性質上、永続的な経営が望まれますが、この点において、ペット霊園の現状には課題が残っていると言えます。

人の墓地や霊園の経営は法律によって、宗教法人あるいは公益財団法人に限られており、運営の継続性にはある程度の信用を持って任せることが可能となっています。

万が一、ペット霊園が経営難になり閉鎖してしまった場合、預けていた大切な遺骨はどうなってしまうのでしょうか。

実際に、近年、大阪の宝塔というペット霊園が経営難で勝手に閉鎖してしまったという実例がありました。

宝塔、ペット霊園の閉鎖

宝塔ペット霊園の前にはこのような看板が2枚だけ立ててあったそうです。閉園の横の左の看板には

「H29.4月より工事に入ります。このお彼岸が最後のお参りとなります。写真などの思い出の品はお持ち帰りください。残りはいらないものとして対応しますのでよろしくお願いいします。」とだけ記されています。

預けていたペットちゃん達のご家族に連絡等は一切なく、一方的であまりにもひどい突然の閉鎖はニュースとなり波紋を呼びました。

将来的なことも含め経営はしっかりとできるのか、通知をしっかりとしてくれるのか、連絡が取れなくなってしまうようなことはないか、勝手に合同供養塔に入れることはないのかなどトラブルのないよう、十分にその霊園の評判や状態を調べてから預けるようにしてください。

ご家族様が「本当はどのように供養したいのか」を決めかねている状態で強引に納骨堂や墓地の利用を推し進めてきたり、墓石の購入の案内を受けた場合などは注意が必要です。

また、ペット霊園への納骨堂利用や、お墓の管理に関しては、年間の維持費がかかるためご家族様の生活状況や経済状況を含め、数年先、数十年先のことも視野に入れてお考えになるのがよろしいかと思います。

お寺や人の霊園に併設されたペット墓に入れる

お寺に関しては、個々の運営方針や宗派によって考え方も異なるため、ペットの墓がそもそもないところから、合同供養塔のみのところ、ペット専用のお墓がある場合もあります。しかし、お寺のペット供養に関する情報は一般に周知されていないことも多々あるため、近くのお寺に聞いたり、知り合いに聞いたりして確かめる必要があるでしょう。

お寺へのペットの納骨は、しっかりと供養をしてもらえるのはもちろんのこと、地域に密着して歴史のある寺院等であれば長年供養をするという面でも安心です。だだし、ペットの墓を作れるのはそのお寺の檀家のみという場合もあり、法要ごとにはお布施を支払うことになります。

また、公共の人の霊園などはペットの埋葬を許可しない所もあるようですが、民間の霊園では、近年のペットに対する意識の変化に応じるような形で許可を出している所が徐々に増えつつあります。

現状ではまだまだ少ないですが、人の墓園にも、ペットのお墓が併設されているところがいくつかあります。

ペット用の墓地の区画が人と別の場所にある霊園、ペット墓を個人のお墓の隣に作ることができたりするところもありその形態は様々です。

また、いずれはご自身のお墓に一緒に納めたい、先祖代々のお墓に納めたいとお考えの方も増えてきています。

先祖代々のお墓にペットの遺骨を納める場合は、ご信仰されている宗派、ご家族様、ご親戚の許可は少なくともとった方が良いでしょう。

お墓に入れるということは、いずれ誰かが継いでご遺骨の管理するということです。一人での判断をせず、皆さんでよく話合いお決めになられると良いかと思います。

ペット用墓地は、人よりも少し安い価格で墓地や区画が販売される傾向にありますが、そのほか管理費、維持費等含めると数十万〜数百万程度の費用がかかってきます。

人の霊園に併設されたペット墓の場合、経営母体が大きなため、安心して我が子の骨を預けることができるだけでなく、ご先祖様のお墓の近くに作ることができれば、お彼岸の時等に同時にお参りに来ることができます。

先に旅立ったペットのお墓と自分のお墓を作り、あとで一緒に入るという方もいらっしゃいます。

海洋散骨や自然埋葬する

ご遺骨を自然に還すのはとてもナチュラルなことです。

生前ペットちゃんが好きだった場所や、思い出のある場所での散骨やご自宅の庭へ埋葬され、お花の種や樹木を一緒に植えられペットちゃんのご冥福を祈るのも心のこもったご供養かと思います。

海や山へ散骨するのであれば、周りへの配慮やより早く自然に還ることも考え、ご遺骨を少し小さく砕かれ散骨されるとよろしいかと思います。

また、ご自身でご遺骨を細かくされることに抵抗のある方はペット火葬業者などでご遺骨をパウダー状に加工してくれるところもありますので、相談されると良いかと思います。

海洋散骨・自然埋葬においては、これから先、万が一お骨を大切にしている家族に何かあったら…。他の家族や親戚は同じように遺骨を大切にしてくれるだろうか…。といった不安を残さなくて済みます。

自分自身の手で最後まで供養できるのがご家族様にとって安心ではないでしょうか。

散骨や埋葬は、ご遺骨を自然に還してしまうため、ご遺骨がお手元に戻ってくることはないのでよくお考えになって決めるのがよいかと思います。

手元供養(ペットの遺骨をそばに置いておく)

自宅供養とも呼ばれている供養のひとつです。

骨壷にご遺骨を納めたものをご自宅で弔う方法です。年間の維持費や管理費がかかることはありません。

最近では手元供養されている方が多くなっており、弊社でもほとんどの方がペットのご遺骨をご自宅に持ち帰り、気持ちの落ち着くまでは、手元供養をされていらっしゃいます。

手元供養は、家族同然のペットちゃんのご遺骨とすぐには離れたくない、いつも一緒にいたいと思う気持ちに応えることができ、ご遺骨がいつも自分の手元にあるという安心感があります。

また、引っ越す場合なども一緒に移動することができますので、ペット霊園が遠くてなかなか行くことができないという方も手元供養をされている場合も多いようです。

また、ご遺骨の一部を分骨され、ペンダントやキーホルダーに納め手元に置かれ、他は合同供養塔や墓地へお納めする場合もございます。

「いつか自分の骨と一緒に散骨して欲しい…。」とパウダー加工して取っておかれる方もいらっしゃいます。

手元に置いておくと「成仏できない」「悪いことがある」などという噂を耳にすることもありますが、そんなことはございません。

手元供養はきちんとした供養の方法です。

安心してペットちゃんの生きた証であるご遺骨を供養してください。

数か月後、数年経って気持ちが落ち着いてから別の供養の方法を考えても良いですし、手元供養の場合はそれだけゆっくりとペットちゃんのご遺骨をどうしてあげたいかと考える時間が取れるのではないでしょうか。

ペットの遺骨の埋葬に許可や法律は?

人の場合、墓地・埋葬等に関する法律という法律があり、人の埋葬や焼骨の埋蔵は、墓地以外の区域に行ってはならないと定められています。

また、一度お墓に埋葬したご遺骨を別の納骨堂や、お墓に移す改葬を行う場合にも市町村長の許可が必要となります。

しかしながらペットの場合、この法律は適応されないため、ペット霊園の墓地や納骨堂に納めることはもちろん、自分の所有する庭にペットのご遺骨を埋葬や散骨しても全く問題ありません。

ただし、他人の土地や公共地に勝手に埋葬、散骨することはやめましょう。

ペットの遺骨は決して廃棄物ではありませんが、無断で遺骨を埋葬した場合、私有地への不法投棄と判断されれば罰則を受ける場合があります。

海や山などにペットのご遺骨を散骨されることに許可は必要ありません。

ただし間違っても、

“海水浴をしている人が、突然流れてきた遺骨を発見して、人骨と勘違いして通報されてしまった。”

ということのないよう、散骨や埋葬をされる際には周りへの配慮や環境などを考えマナーを守ることが大切です。

散骨される際は、環境面と周囲への配慮の両方を考慮して遺骨の原型があまり残らないよう細かく砕いたり、パウダー状にして撒くことをおすすめします。

後悔のないようにゆっくり決めることが大切

大切なペットちゃんのご火葬後のご遺骨をどうしたらよいかと誰もが直面し思うことと思います。

ペットの供養に決まった形はありませんが、ご家族のご信仰に基づいたご供養の方法で供養されている方もおります。

先に紹介した様々な供養の方法は、いづれもどれが良い、どれが悪いということはなく、“どんな風に供養してあげたいのか”という想いが大切だと思います。

ご家族様自身の先のことも視野に入れ、後悔のないように皆で決めることが大切です。

急がなくてもお気持ちが落ち着いてからゆっくりとお考えになればよろしいかと思います。

ご家族に愛され、ご家族が喜ぶことが何より嬉しかったペットちゃんにとってもご家族皆で考え決められたご供養がきっと一番だと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

粉骨パウダー加工

そよふくではご希望の方に、ペットちゃんのご火葬の際に、ご遺骨のパウダー加工を行っております(+8000円:当日)。

後日、パウダー加工をご希望の場合は、本店のふくふくやまアトリエ(宮城県仙台市)までお持ちになられるか、お送り頂いてのご対応も可能です。


お問い合わせ・ご依頼は


そよふくTel 070-2028-0429


ふくふくやま本店Tel 022-778-9055 


パウダー加工をHPから申し込む

コメントを残す

*